About

はじめまして。WIPE.(ワイプ)のホームページを訪ねていただきありがとうございます。
デザイナーという仕事をはじめる前は、アパレルメーカーで広報の仕事を経験し、その後、広告代理店の営業企画に転身、クライアントとエージェントという立場の違う仕事を通してデザインを作り上げていく大切さと難しさを学びました。
デザイナーとして独立して10年、打ち合わせ、ディレクション、デザイン制作に至るまでクライアントと共有意識をもちながらデザインアプローチすることの重要さを痛感しています。また、この10年で世の中には様々なイノベーションが起こり、コミニュケーションツールの主役は紙媒体からWEB媒体へと変化してきました。おそらくあと10年後には誰もが想像のつかないような新しいBtoCの形ができていることは必至でしょう。グラフィックデザインからはじまったWIPE.の仕事も時代の流れに合わせてWEBデザイン、CMS開発、ムービー、空間デザインと職種の幅を広げてきました。しかし、手法が多様化しているだけで、根本にあるモノ、コトを“伝える”大切さは何一つ変わっていません。最終的に伝える相手は人間そのものだからです。
名刺などの小さな印刷物からホームページなどのウェブ案件やコンテンツ開発、空間デザインなどクライアントの魅力を引き出し、伝えていくことのできる、目的に合った制作物の提案こそがデザインという仕事のあり方だと思います。
WIPE.では企業や店舗だけにこだわらず個人の方まで幅広く対応しております。
お仕事のご依頼・ご相談などがあればぜひお気軽にお問い合わせください。


屋号
WIPE.(ワイプ)
所在地
滋賀県野洲市あやめ219-1
創立
2008
お問合せ
morishita@wipedesign.com
事業内容
CI/VIデザイン、ロゴ、名刺、ショップカード、DM、フライヤー
パンフレット、冊子、カタログ、ブック、サイン、ポスター
フォトグラフ、コピーライティング
ウェブデザイン、CMS開発、インフォメーショングラフィックムービー
空間デザイン、ディスプレイ

Access

アクセスマップ

Profile

森下智之

代表
森下智之 / Designer, Art Director
1976
大阪出身
1997
大阪総合デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科卒業
1999
アパレルメーカー広報に就職 / 岡山
2002
広告代理店 営業企画に転職 / 東京
2008
WIPE.として活動を開始 / 東京
2012
事務所移転 / 滋賀

デザイナーとして独立後、東京を拠点に活動を続けていましたが、東日本大震災を境に大きく考え方が変わりました。それまでは目先の仕事のこと着々とこなすことだけしか考えていなかったのが、それ以外の大部分、具体的には家族のこと、子供のこと、そして自分自身の未来のことを真剣に考えるようになりました。そして、このまま東京にいるよりも慣れ親しんだ関西で生涯デザインという仕事を続けていくことが幸せなことだと結論づいたのです。
終焉の地に選択したのは生まれ育った大阪ではなく、どちらかといえばあまり縁のなかった滋賀県でした。主な理由としては店舗デザインを享受してくれる師がいたこと、妻の地元が滋賀であることが挙げられますが、関西圏にありながら豊かな自然に囲まれた環境がこの決断の後押しをしてくれました。
また仕事においても、インターネットを代表する情報インフラの発展で実質的な距離感はかなり短縮されました。東京という日本の中心地にいなくてもあらゆるチャンネルを通して情報は流れてきますし、欲しいものがあればわざわざ出向かなくても手に入れることができる時代になりました。クライアントと膝を突き合わせて作り上げていく部分と、そうでない部分をこうしたインフラに頼ることで、距離感いかんに関わらないものづくりも可能です。

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)という言葉が叫ばれて久しいですが、前述の理由から僕自身が仕事とプライベートとの調和を考え、たどり着いた答えのひとつがこの地への移住だったのです。